中国株(午前):CSI300指数、反発-宝山鋼鉄などが高い

3日午前の中国株式市場で、CSI300指 数は反発している。上昇は過去6営業日で2日目。宝山鋼鉄が高い。同社の親 会社である宝鋼集団が深セン発展銀行への出資計画を発表したことを好感した。

国泰基金管理で18億ドル相当の資産運用に携わる范迪釗氏(上海在勤)は、 「銀行部門はこのままいけば非常に堅調な利益の伸びが見込まれる」と指摘。 「宝山鋼鉄、深セン発展銀のいずれの株式にとっても好材料だ」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前週末比12.75 ポイント(0.3%)高の4750.15。一時は1%安まで下落した。

中国最大の製鉄会社、宝山鋼鉄(600019 CH)は0.29元(2%)高の14.81 元。米投資会社TPGが経営権を持つ深セン発展銀行(000001 CH)は1.69 元(4.7%)高の37.77元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE