11月の新車販売は0.3%減の45万1087台-20カ月連続のマイナス

11月の国内新車総販売台数は、20カ月連続 の前年割れとなった。登録車の販売は、新型車の投入効果やナンバープレートの 取得手続きができる日数が前の年より1日多かったことも寄与してプラスとなっ たが、軽自動車が全体を押し下げた。

日本自動車販売協会連合会(自販連)が3日発表した11月の登録車販売台 数は、前年同月比3.9%増の29万6854台と2カ月連続のプラスだった。また全 国軽自動車協会連合会(全軽自協)が同日発表した同月の軽自動車販売台数は同

7.6%減の15万4233台と8カ月連続のマイナスだった。この結果、新車総販売 台数は同0.3%減の45万1087台となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE