訂正:法季統計、7-9月の全産業設備投資は1.2%減-減少幅は縮小

2007年7-9期の国内企業の設備投資は、 前年同期比で2期連続マイナスとなったが、減少幅は4-6月期より縮小し、 回復基調にあることが分かった。7-9月期の国内総生産(GDP)の2次速 報値の上方修正を後押しする可能性がある。

財務省が3日発表した法人企業統計季報によると、ソフトウエア投資を含 む全産業の設備投資額は前年同期比1.2%減少した。ソフトウエアを除くと、投 資額は同0.6%の減少だった。エコノミスト5人を対象に行った事前予測調査で は、ソフトウエアを除く設備投資額の予測中央値は前年同月比2.5%減だった。

法人企業季報は金融・保険業を除く資本金1000万円以上の企業を対象に3 カ月ごとに調査している。ソフトウエア投資額を除く設備投資が国内総生産(G DP)統計の基礎統計として使われるため、内閣府が7日に発表する7-9月 期GDP2次速報の設備投資の増減幅の予想値として注目されている。

バークレイズ・キャピタル証券の永井祐一郎エコノミストは発表前に、4 -6月期は「サンプルバイアスの問題もあり、一時的に減少したが、7-9月 期に回復傾向が確認される見通し」と指摘した。

第一生命経済研究所の新家義貴主任エコノミストは同じく発表前に、「4- 6月期の設備投資はサンプル要因によって実態よりも大幅に下振れていた」と し、「このサンプル要因については1年間残存するため、7-9月期も前年比で は弱めの数字になると思われる。その他、売上高、企業収益の動向も重要だが、 7-9月期の景気が外需主導で好調だったことを踏まえれば、比較的良好な結果 が予想される」と述べていた。

発表によると、7-9月期の製造業の設備投資額は前年同期比6.1%増加し た。一方、非製造業の設備投資額は同5.1%減少した。また、全産業の経常利益 は同0.7%の減少。全産業の売上高は前年同期比2.0%増加した。

4-6月期のソフトウエア投資を含む全産業の設備投資額は前年同期比

4.9%減と03年1-3月期(1.7%減)以降17期ぶりにマイナス、ソフトウエ アを除く投資額は同5.7%減だったが、その背景として、前年度に比べて弱い数 字の中小企業のサンプル数増加が影響しているとの指摘が出ていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE