インドステイト銀が株主割当増資へ、約10年ぶり-2780億円規模

インド最大の銀行、インドステイト銀行が 約10年ぶりに株主割当増資を実施する。資本を増強し拡大する融資需要に対応 する。ダスムンシ議会担当相兼情報・放送相が30日までに明らかにしたもので、 増資規模は約1000億ルピー(約2780億円)となる見通し。

インドではICICI銀行が6月に国内外の投資家向けに50億ドル(約 5500億円)相当の新株を発行しており、それに次ぐ規模の増資となる。インド ステイト銀には、政府が59.73%出資している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE