三井物産・鶏卵最大手イセ食品:中国で合弁、1000万羽飼育目指す

三井物産は30日、国内鶏卵最大手のイセ食品 (埼玉県鴻巣市)とともに中国で鶏卵事業を行うと発表した。既に中国で鶏卵事業を 展開するイセ食品の米子会社と共同で北京や河北省で鶏卵新会社を3社設立し、合計 200万羽規模の生産を行う。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。