米政府と大手銀、サブプライム金利の一時的凍結で合意間近-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャーナル(W SJ、オンライン版)は29日、米ブッシュ政権と大手金融機関が、一部の米サ ブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンの金利切り替えを凍結する計画 で合意に近づいていると報じた。

同紙によると、200万件に上る住宅ローンの金利が高い水準に切り替わる予 定のなか、金利水準が凍結されれば、ローンの借り手が住宅差し押さえを回避で きる可能性が高まるほか、サブプライム問題の深刻化を懸念する投資家にも朗報 となるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE