NY外為(30日):円とフランが約3年ぶり大幅安-キャリー取引復活

ニューヨーク外国為替市場では、 円とスイス・フランが下落。対ドルでは週ベースでほぼ3年ぶりの大幅 な下げとなった。世界の株価上昇で、投資家がキャリートレードを加速 していることが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。