米国債(30日):反落、FRB議長発言で質への逃避が逆流(2)

米国債相場は反落し、財務省短期証券 (TB)利回りは上昇した。前日のバーナンキ米連邦準備制度理事会(FR B)議長が講演がリセッション(景気後退)回避のための利下げ示唆と受け止 められ、米国債は売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。