債券は小幅高、米債高や月末の需給が支え-長期や超長期債堅調(終了

債券相場は小幅高(利回りは低下)。前日 の米国債相場が上昇したことに加え、月末で年金基金などが保有債券の年限を 長期化させる買いを期待して高く始まった。その後は、日経平均株価が上昇す るにつれて、上げ幅を縮小させており、先物は午後に下げに転じる場面もあっ たが、現物市場での長期や超長期ゾーンの堅調な地合いが相場を支えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。