コンテンツにスキップする

上海銅先物相場:続伸-中国の在庫が2週連続で減少との見方

30日の上海銅先物相場は続伸している。上 海先物取引所の指定倉庫の銅在庫が2週連続で減少し、中国の需要の伸びが継続 していることが示唆されるとの観測が高まった。中国は世界最大の銅消費国。

中国国際フューチャーズ(上海)のチーフアナリスト、蔡洛益氏らトレーダ ーやアナリストの間で、上海先物取引所の指定倉庫の銅在庫が今週、最大1万ト ン減少したとの見方が広がっている。

上海先物取引所は、30日の取引終了後に在庫統計を発表する予定。先週は 21%減の4万4855トンと、3月以来の低水準となった。

厦門国際貿易フューチャーズの調査責任者、何瑞延氏は30日の電話インタ ビューで「株式相場が上昇したことなどから、銅相場はここ2日間、テクニカル 要因によって若干、反発している」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場2月限は、前日比最大1120元(2%)高の1 トン当たり5万8190元。上海時間午前11時4分現在、5万8150元で取引され ている。

ロンドン金属取引所(LME)の銅先物相場(3カ月物)は、前日比変わら ずの1トン当たり6880ドル。29日は2.5%高だった。

また、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相 場3月限は、上海時間午前9時49分現在、前日比0.4%高の1ポンド当たり

3.1075ドル。29日は2%高だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE