午前の日本株は高値引け、鉄鋼や海運を買い戻す-米利下げ期待も続く

午前の東京株式相場は朝方のもみ合いの後、 取引後半にかけて上げ幅を拡大し、日経平均株価がこの日の高値で引けた。クレ ディ・スイス証券がセクター判断を弱気から中立に戻した鉄鋼株に見直し買いが 入り、コマツなどの機械株、三井物産などの大手商社株も高い。ムーディーズに よる格上げや、ばら積み船市況を示すバルチック海運指数が続伸したことを受け、 商船三井などの海運株も急伸。東証業種別33指数は、29業種が上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。