英銀アライアンス株上昇、十分な資金を確保と表明-他行も支援か

英銀アライアンス・アンド・レスターの株 価が、29日のロンドン株式市場で上昇した。同銀が来年いっぱい十分な資金を 調達できるめどがついたと明らかにしたのが手掛かり。

アライアンスは29日付の発表資料で「下期(7-12月)にかけて、引き続 き資金需要にうまく対処している」と表明。来年7-9月(第3四半期)を通じ ての中期的な資金調達やコマーシャルペーパー(CP)の準備で「追加的な資金 枠」を確保したという。

アライアンス株は今年これまで、大幅に下落していた。パンミュア・ゴード ン(ロンドン)のアナリストによると、米サブプライム(信用力が低い個人向 け)住宅ローン危機を受けて、アライアンスが新規ローンのための資金調達で、 中央銀行に支援を求める必要に迫られる恐れがあるとみられていた。

2人の関係者によれば、クレディ・スイス・グループが40億ポンド(約 9100億円)のキャッシュローンを期間2年で供与した。他の銀行も資金を供与 しているという。クレディ・スイスとアライアンスの広報担当者は、それぞれコ メントを控えた。

29日のアライアンス株終値は前日比8%高の686ペンス。年初からは40% 下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE