額賀財務相:原油高等の影響出てくる可能性ある、今後注視の必要

額賀福志郎財務相は30日午前の閣議後会見 で、10月の全国の消費者物価指数(CPI)の生鮮食品を除くコア指数が9カ 月ぶりにマイナス圏を脱したことを受け、「中身を分析する必要がある。原油高 の影響も出てくる可能性がある」と述べたうえで、「今後どのように展開してい くか、よく注視していく必要がある」との認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。