AIG横山氏:CPIは中期的な利上げ支援、10年債は年明け1.6%へ

AIG投信投資顧問ポートフォリオマネジ ャーの横山英士氏は30日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、10 月の全国消費者物価指数(CPI)がプラス転換したことの債券市場に与える 影響やきょうの相場見通し、今後の長期金利水準などについてコメントした。 主な内容は以下の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。