モルガンS:クルーズ氏が退社へ-住宅ローン関連損失発表の3週間後

米証券大手モルガン・スタンレーは29日、 勤続25年で共同社長のゾーイ・クルーズ氏(52)が退社すると発表した。同社 は3週間前に、住宅ローン関連証券による損失37億ドル(約4100億円)につ いて公表していた。

発表によると、ワリド・チャマ氏(53)とジェームズ・ゴーマン氏(49) が共同社長となる。クルーズ氏とともに共同社長を務めていたロバート・スカ リー氏(57)は新たに設置される会長室の一員となる。

クルーズ氏はウォール街の稀少な女性幹部の1人だが、住宅ローン関連証 券に絡む損失の嵐のなかで退社することになった。米紙ニューヨーク・タイム ズの8日の記事によると、ジョン・マック最高経営責任者(CEO)は同氏を 自身の有力な後継候補と位置付けていた。8月以来、ベアー・スターンズの共 同社長だったウォーレン・スペクター氏、メリルリンチのCEOだったスタン レー・オニール氏、シティグループのCEOだったチャールズ・プリンス氏も 住宅ローン損失のあおりで更迭された。

アージェント・キャピタル・マネジメントのポートフォリオマネジャー、 ケン・クローフォード氏は「この環境では、自分の責任範囲で何かが起これば 即、退場を求められる」と話した。

モルガン・スタンレー株は年初来23%安と、同下落率は年間ベースで2002 年以来最大となっている。

クルーズ氏は2005年に共同社長に就任する前、債券トレーディング部門の 責任者だった。同氏を昇進させたフィリップ・パーセル前CEOの退任後も共 同社長にとどまり、マックCEOの下では機関投資家向け証券部門とゴーマン 氏が率いるブローカー部門を統括していた。スカリー氏は資産運用部門とプラ イベートエクイティ(未公開株)の担当だった。

ルネッサンス・ファイナンシャルで運用に携わるダグラス・シオカ氏は、 クルーズ氏は「マック氏の大切な弟子だったのに驚きだ」と語った。

モルガン・スタンレーの発表によると、商品出身でトレーディング全体の 共同責任者となっていたニール・シア氏は商品部門の会長となり、マイケル・ ぺトリック氏(45)が後任としてジャーカー・ヨハンソン氏とともに機関投資 家向け証券セールス・トレーディング共同責任者に就任する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE