ランボルギーニは250万円-「レンタルで手軽に贅沢」が今年のトレンド

昨年の12月24日、プライベートエクイティ(未 公開株)投資会社経営者のロブ・モンスター氏は妻に20万ドル(約2200万円)のプ レゼントをした。プライベートジェットで25時間の旅を楽しめるカードだ。「彼女は 大喜びだった」という。

贅沢品のレンタルは、業者らによれば、リッチな人生を手軽にいろいろ楽しめる 便利な方法だ。レンタル以外ではとても手の届かない贅沢もあるだろう。

富裕層を対象とした市場調査会社ハリソン・グループのジム・テーラー副会長は 「短い時間だけ別人になってみたいが贅沢品を買って所有したくはないと思っても、 別に恥ずかしいことではない」と話す。

プライベートジェットの旅もバミューダ諸島の別荘での2週間の滞在も、フェラ ーリも、高級カントリークラブでのゴルフも、お金を払えば誰でも短い間、楽しむこ とができる。エルメスのバッグもデービッド・ユルマンのジュエリーも然りだ。

調査会社ユニティ・マーケティングによると、金持ちたちの贅沢品の購入は2007 年7-9月(第3四半期)に21%減少し1人当たり1万2142ドルとなった。減少は 約3年で最大。住宅不況や原油高が影響しているとみられる。一方、レンタルの支出 は11%増えたという。ユニティは平均年収15万200ドルの1000人を対象に調査した。

ニューヨークの消費者調査会社ラクシュアリー・インスティチュートのミルト ン・ペドラザ最高経営責任者(CEO)は、レンタルは「贅沢の仕方の革命だ。すべ ての価格帯の贅沢品に共通して増えている」と述べた。

3年前に誕生したクラシックカー・クラブ・マンハッタンでは、入会金1500ドル、 年会費7500ドルで50台のクラシックカーのどれかを年50日間利用できる。会員の1 人、アロンゾ・シャーマン氏は感謝祭の週末に1975年型アルファロメオGTVを借り た。「感謝祭にフェラーリは気取り過ぎだから」と同氏は述べた。

さらに、2万2850ドル(約250万円)を出せばランボルギーニや2005フォード GTのようなスポーツカーも30日借りられる。

ツアーGCXでは895ドルで、40以上の有名ゴルフコースの中から好きなコース を選び仲間とプレーできる。年会費2450ドルを払えば3回のプレーが可能。ちなみ に、タイガー・ウッズがメンバーになっているフロリダ州のアイルワース・カントリ ークラブは入会金が10万ドルだ。

バッグ・ボロウ・オア・スティールではバッグや宝飾品をレンタルできる。エル メスのオーストリッチ(ダチョウ)のケリーバッグは1週間816ドル。手に入るかは 別にして、新品を買うとなると1万1000ドル。ワン・キー・ワールドでは年7万5000 ドルで米国内外の30カ所の高級住宅250戸のいずれかを45日間利用できる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE