ミシュキンFRB理事:米金融政策の方向性は「非常に不透明」(2)

米連邦準備制度理事会(FRB)のミシュ キン理事は29日、最近の米利下げは経済のリスクを軽減し、金融市場を安定化 させることが狙いだったと説明した。ただ、金融政策の方向性は「非常に不透 明」だと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。