第3四半期米住宅価格指数0.4%低下,13年ぶりマイナス-OFHEO

米連邦住宅公社監督局(OFHE O)が29日発表した統計によると、7-9月(第3四半期)の住宅価格 上昇率は前期比で0.4%低下と、1994年以来初のマイナスとなった。住 宅差し押さえの増加や住宅ローン貸し出し基準の厳格化が影響した。前 年同期比では1.8%上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。