シュタインブリュック財務相:ユーロ高、ドイツには懸念要因にならず

ドイツのシュタインブリュック財 務相は、対ドルでのユーロ高は懸念要因ではないとの見解を示した。

独財務省のウェブサイトに29日発表された記事によると、シュタイ ンブリュック財務相はユーロの上昇について「懸念する理由はない」と 述べた。

これによると、同相はユーロが「一段と速いペースで力強く上昇し ている」ものの、国内企業はこれまでのところユーロ高に「うまく対処 している」と指摘した。

同相はただ、「ある特定の水準からは、重要な輸出主導部門にとっ てユーロ高の対処が困難さを増す」可能性があるとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE