欧州株:続伸、ドル上昇や米景気見通しで輸出株に買い-グラクソ高い

欧州株式相場は続伸。輸出株や金属 株が主導し、前日の4年半ぶりの大幅高から上値を伸ばした。ドルの反 発や鉄鋼価格の上昇で企業利益が拡大するとの観測が背景だった。

欧州最大の医薬品メーカー、英グラクソ・スミスクラインとスイス 製薬最大手のノバルティスを中心に、北米市場への売り上げ依存度が高 い銘柄が上昇した。また、インド最大の銅・亜鉛生産者ベダンタ・リソ ーシズなど、鉱山株への買いが膨らんだ。ベダンタに買収案が提示され るとの見方や銅価格の上昇が好感された。

中国の保険会社2位、中国平安保険(集団)は29日、ベルギーの金 融サービス最大手フォルティスの株式を取得したと発表。これを受けて フォルティスが高い。

ダウ欧州株価指数は前日比0.5%高の365.72で終了した。前日は

2.8%上昇と、2003年4月以来で最大の値上がりとなった。同指数は今 月に入り5.9%下落している。信用市場の混乱で景気や企業利益の伸び が圧迫されるとの懸念が背景だった。

ダウ欧州50種株価指数とダウ・ユーロ50種株価指数はいずれも

0.6%上昇した。

ブラックロックMLIM(ミラノ)の最高投資責任者、コラード・ カイロニ氏は「市場は悲観的過ぎるシナリオを織り込んでいた」と指摘。 「今後数カ月に発表される統計は世界経済のしっかりした成長見通し を確認することになろう」と述べた。

一方、イングランド銀行のキング総裁の議会証言で株価の上値は重 くなった。同総裁は「銀行システムのぜい弱さが続いていることから、 短期金融市場が年末年始にかけてひっ迫するリスクが生じており、短期 金利が上昇する可能性がある」と述べた。

ドル上昇

ドルはユーロと英ポンドに対して上昇した。ゴールドマン・サック ス・グループはドルの下落は終結する可能性があると指摘。米商務省が 29日に発表した7-9月期(第3四半期)の実質国内総生産(GDP、 季節調整済み、年率)改定値は前期比年率4.9%増加と、速報値の3.9% 増加から上方修正された。

グラクソ・スミスクラインは前日比2%高。ノバルティスは同

1.7%上げた。グラクソは売上高の48%を米市場に依存しており、ノバ ルティスは売上高の48%を北米市場に依存している。ベダンタは同

7.8%と大幅高だった。

フォルティスは2%上昇。中国の保険会社2位、中国平安保険(集 団)は29日、フォルティスの株式4.18%を18億1000万ユーロ(約 2950億円)で取得したと発表した。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比42.90ポイント(0.68%)高の6349.10。 FTオールシェア指数は同22.20ポイント(0.69%)上げて3241.73。

ドイツのDAX指数は41.53ポイント(0.54%)高の7765.19。H DAX指数は25.60ポイント(0.65%)上昇し3959.19。

フランスのCAC40指数は36.90ポイント(0.66%)上げ5598.11 で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE