S&P:武富士「投資適格」の最下位に格下げ-アイフルも1段階(2)

米格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)は29日、消費者金融大手の武富士とアイフルの格付けをそ れぞれ1段階ずつ引き下げると発表した。武富士は「BBB-」、アイフルは 「BBB」となる。格付け見通しは両社とも「ネガティブ(弱含み)」として いる。武富士の格付けは投資適格級の最下位となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。