米デル:8-10月期は6.4%増収か、小売り戦略が奏功-29日発表

世界2位のパソコンメーカー、米デルが29 日の通常取引終了後に発表する2007年8-10月(第3四半期)決算は、売上 高が前年同期比6.4%増になったとみられる。この予想通りなら、増収率はここ 1年で最高となり、小売店を通じた販売を増やす戦略が効果を表している様子 が裏付けられることになる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。