日経平均が15500円回復、米利下げ期待で大幅反発-円高修正も(2)

午前の東京株式相場は大幅反発し、日経平 均株価は約2週間ぶりに1万5500円を回復した。前日のコーン米連邦準備制度 理事会(FRB)副議長の発言を受けて米国の追加利下げ期待が高まり、米景気 と株式相場の先行きに対する過度の悲観論が後退した。外国為替相場では円高修 正も進み、キヤノンや松下電器産業、トヨタ自動車、ホンダといった輸出関連株 のほか、三菱UFJフィナンシャル・グループなどの銀行株中心に買われ、ほぼ 全面高の様相。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。