【注目株】三洋電、新日石、板硝子、富士通、イオン、武富士(2)

30日の材料銘柄は以下の通り。

富士通(6702):30日付の日本経済新聞朝刊は、富士通が台湾当局と次世 代高速無線通信に使う端末の心臓部となる半導体を共同開発すると報じた。合弁 による開発拠点を台湾に数十億円で設立し、開発した半導体を台湾のIT(情報 技術)機器メーカーに供給するという。

新日本石油(5001)、三洋電機(6764):家庭などで使う定置用燃料電池事 業で、2008年4月をめどに共同出資会社を設立すると発表した。出資比率は新 日石81%、三洋電19%。業務は燃料電池システムの開発・企画やシステム設計、 生産管理などで、製造・組み立ては三洋東京マニュファクチャリングに委託する。 また新日石の中村雅仁常務取締役は29日、12月の原油処理量が前年同月比2% 減、石油製品卸売価格を前月比で1リットル6.7円引き上げる方針を示した。

イオン(8267):独自ブランド「トップバリュ」の24品目を30日から値下 げする。値下げ幅は10-25%。これによって販売数量が2-5倍に増えると見 込んでいる。

日本板硝子(5202):液晶テレビ用ガラス基板事業から撤退する方針を固め た、と30日付の日本経済新聞が報じた。HOYAとの折半出資会社の持ち株す べてを数百億円で売却する、という。

ニチアス(5393):主力取引金融機関である三井住友銀行をアレンジャーと する200億円の協調融資枠(コミットメントライン)の契約を締結したと発表し た。住宅用建材の耐火性偽装が明らかになったことで、今後発生する取替・改修 費用の支払いなどに備える。同時に発表した9月中間期の連結決算は、純損益が 152億円の赤字(前年同期は33億円の黒字)だった。売上高は前期比11%増の 859億円。通期予想は据え置き、115億円の純損失を見込んでいる。

証券株:30日付日本経済新聞によると、財務省がまとめた金融一体課税の 具体案では09年から株式譲渡益と配当の損益通算を可能とする一方、税率を 20%に下げる。ただ、年間配当所得が一定額以下ならば、引き続き10%の軽減 税率を選択することも可能で、株式譲渡益も08年末時点の保有分について当面 10%の軽減税率を適用すると伝えている。

タツタ電線 (5809):12億円の固定資産譲渡益が発生する見込みとなったこ となどから、08年3月期の連結純利益予想を17億円から前期比30%増の22億 5000万円に上方修正した。また200万株、6億円を上限とする自社株買いも発 表した。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):1000億円をめどに優先出 資証券を発行すると発表した。国内機関投資家向けの私募で、需要に応じて最大 1500億円まで増額する。2008年1月25日に償還する同証券1060億円の借り換 えに充当する予定。同証券は普通株への転換権がなく希薄化を招かない。増資分 は三菱東京UFJ銀行の自己資本に組み入れる。

NEC(6701):30日付の日本経済新聞によると、情報サイト運営大手の オールアバウトとパソコンの販売で提携する。個人向けパソコン販売のネット直 販を強化することが狙い。

武富士(8564)、アイフル(8515):米格付け会社スタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)は29日、2社の格付けをそれぞれ1段階ずつ引き下げると 発表した。武富士は「BBB-」、アイフルは「BBB」となる。格付け見通し は両社とも「ネガティブ(弱含み)」。

日清紡(3105):会社分割方式により、09年4月1日付で持ち株会社制へ 移行することを決めた。同社を持ち株会社とし、繊維、精密機器、ブレーキ、化 学品、紙製品の書く事業を事業会社として新設分割する。エレクトロニクス事業 は子会社新日本無線を中心に展開していく。

アスクル(2678):11月(20日締め)の売上高は前年同月比で11.5%増えた。 単価が2.6%上昇し、顧客数も8.7%伸びた。

サイバーエージェント(4751):10月の連結売上高は前年同月比24%増の60 億4000万円になった。前年同月になかった投資育成事業を除くと21%増。

日本精蝋 (5010):原油価格高騰に伴う原料油価格の推移と製品値上げの浸 透状況を踏まえ、07年12月期の業績予想を上方修正。純利益は13億9000万円 から17億2500万円に引き上げた。

エーティーエルシステムズ(4663):日本アジアホールディングスが10月31 日から11月28日まで実施していた株式公開買い付け(TOB)には1549株の 応募があり、買い付け予定数2910株に達しなかった。日本アジアは応募株すべ てを買い付け、保有比率は35.99%に上昇。

住友倉庫(9303):320万株、20億円上限に自己株取得を決議した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE