シャープ:薄膜太陽電池の年産能力を10倍に-奈良で220億円投資(2)

シャープは29日、220億円を投じ、薄膜 太陽電池の生産能力を増強すると発表した。葛城工場(奈良県)での生産能力 を、現在の年間1.5万キロワットから2008年10月には16万キロワット体制 まで増強する。欧州を中心とする薄膜太陽電池の需要拡大に対応する。量産効 果によりコストダウンも図る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。