10月鉱工業生産指数は前月比1.6%上昇-輸送、一般機械など主導

10月の日本の鉱工業生産指数は、9月に 低下した反動で輸送機械や一般機械、電子部品・デバイスなどを中心に伸び、 2カ月ぶりに上昇に転じた。先行きもアジア、欧州、新興国向けなどの輸出に 支えられ、生産は緩やかに上昇傾向を維持する公算が大きい。

経済産業省が29日発表した10月の鉱工業生産指数は前月比1.6%上昇し、

112.1(季節調整済み、2000 年=100)となった。前年同月比では4.7%の上昇 だった。ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト42人を対象に調査したとこ ろでは、鉱工業生産指数の予想中央値は前月比1.5%上昇、前年同月比では4.2% 上昇(33人対象)が見込まれていた。

政府の11月の月例経済報告では、生産について「持ち直している」と前月 の判断を維持。米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題で金 融資本市場の混乱が続く中、アジアや欧州、中東、ロシア向けの輸出拡大が日 本の生産を支えている。しかし先行きは、米国経済の減速懸念や日本の住宅着 工減少に伴う建設投資の落ち込みなど下押し要因もある。

四半期でみると、鉱工業生産は7-9月期に前期比2.2%上昇したが、10 -12月期にどの程度の伸びを維持できるかが焦点の一つ。バークレイズ・キャ ピタル証券のエコノミスト、永井祐一郎氏は事前のリポートで、「10-12月期の 生産では建設投資の下押しや、米国向け輸出の減少等の影響による下押しが注 目されており、11月、12月の鉱工業生産指数の予測指数が注目される」と述べ ていた。

予測指数

同時に発表された11月の製造業生産予測指数は前月比1.7%低下、12月は 同3.2%上昇が見込まれている。経産省は、「生産は緩やかながら上昇傾向にあ る」との9月の基調判断を維持した。

明治安田生命保険運用企画部の大広泰三エコノミストは、「今後の懸念材料 はやはり米国経済だ」と指摘、「日本経済はいまだに外需主導を脱しておらず、 生産が明確な上昇基調に戻るには米国経済の持ち直しが必要で、生産の本格回 復は2008年半ば以降にずれ込む可能性が高い」とみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE