10月鉱工業生産指数は前月比1.6%上昇-輸送、一般機械など主導

10月の日本の鉱工業生産指数は、9月に 低下した反動で輸送機械や一般機械、電子部品・デバイスなどを中心に伸び、 2カ月ぶりに上昇に転じた。先行きもアジア、欧州、新興国向けなどの輸出に 支えられ、生産は緩やかに上昇傾向を維持する公算が大きい。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。