香港株(午前):上昇、Cモバイル高い-上場初日の中国重汽は13%安

午前の香港株式相場は反発。投資家の間で 最近の下げは行き過ぎとの見方が広がった。中国の携帯電話サービス大手チャ イナ・モバイル(中国移動、941 HK)が高い。

大和証券投資信託委託(香港)の運用担当者、モナ・チュン氏は「株式相 場はある程度までは、十分に調整した」と指摘。「一部の銘柄は魅力的な水準 になりつつある」と述べた。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、前日比

156.89ポイント(0.6%)高の27367.10。一時は0.7%下げる場面もあった。 ハンセン中国企業株(H株)指数は1%高の16435.99。

チャイナ・モバイルは1.3%上昇。一方、この日上場した大型トラックメ ーカーの中国重汽(3808 HK)は、公開価格を13%下回る11.20香港ドルで午 前の取引を終えた。

チュン氏は「個人投資家は上場初日に売る傾向があるが、機関投資家にと っては好都合だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE