米銀の7-9月期利益は5年ぶり低水準、住宅不況など響く-FDIC

米連邦預金保険公社(FDIC)は28日、 2007年7-9月(第3四半期)の米国の銀行と貯蓄金融機関の利益が02年以来 5年ぶりの低水準となったと発表した。住宅ローン関連資産の値下がりや金融市 場の動揺が響いたと分析した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。