谷垣氏:次期日銀総裁人事、国際社会が注目-政府・与党責任重大(2)

自民党の谷垣禎一政調会長は28日昼、都 内で講演し、2008年3月に任期満了を迎える日銀の福井俊彦総裁の後任につい て、「どのように進めていくのかというのは日本だけの関心事ではなくて、世界 中から、日本がどう金融政策をかじ取りするつもりなのかを問われることにな る」と述べ、国際社会が注目しているとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。