原油100ドルで来期経常益13%押し下げ-第一生命の永濱エコノミスト

原油価格が1バレル当たり100ドルで推移す ると2008年度の日本企業の経常利益は12.5%押し下げられる-第一生命経済研究 所の永濱利廣主任エコノミストは、原油高騰の影響についてこうした見通しを示し た。大企業・製造業を除き原材料費といったコスト増が企業利益を圧迫する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。