東京外為:円が反発、国内実需の買い需要―日本株は伸び悩み

午前の東京外国為替市場では円が反発。 前日の海外市場では米国株の上昇を背景に、リスク回避姿勢の後退から円売り が進んだが、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題に 対する懸念がくすぶる中、国内実需筋の買い需要や日本株の伸び悩みもあり、 ドル・円相場は1ドル=108円台半ばと米国時間に付けた109円15銭(ブルー ムバーグ・データ参照、以下同じ)から円高方向に振れている。

メリルリンチ日本証券外国為替部の今泉光雄ディレクターは、きのうは米 銀の増資報道が市場のムードを一時的に楽観的にさせ、短期的な投機ポジショ ンがドル売り・円買いに傾いていた反動がドル・円を109円台に押し上げたと 説明。その上で、日中の取引については「月末週ということもあり、午前中は 輸出企業の円買いがドル・円の頭を抑えるが、108円台半ばからはしこりのポジ ションのドル買いなどもあると思われ、東京は108円台後半、海外で再び109 円台トライという動きになる」とみている。

円、米株上昇で109円台―その後反発

27日の米株式相場は反発。金融最大手のシティグループがアブダビ投資庁 (ADIA)から75億ドルの出資を受けることになったほか、JPモルガンが コンピューター需要の伸びを理由にインテルの利益見通しを引き上げるなど、 明るい材料が重なり、ダウ工業株30種平均は前日比で215ドル(1.7%)上昇 した。

今泉氏は、アブダビ投資庁によるシティへの出資について、「割安になって いたものには投資したい人がいるということの証明」であるとし、「こうした動 きが今後も続いていくようであれば、今かなり悲観的に傾いている市場はいっ たん平常化する」とみている。

米国株の上昇を受け、外国為替市場では円売りが優勢となり、ドル・円は 一時、1ドル=109円15銭と今月22日以来、3営業日ぶりの水準まで円安が進 行。ユーロ・円も1ユーロ=161円84銭と同じく3営業日ぶりの円安値を付け た。

もっとも、週初に107円台前半までのドル安を見ていただけに、「108円台 後半から109円台では、国内の輸出企業を中心とした戻り待ちのドル売り需要 が見込まれる」(UBS銀行東京支店外国為替部FXアドバイザー・牟田誠一朗 ディレクター)といい、東京市場にかけては円が下げ渋る展開。午前10時前に は一時、対ドルで108円46銭、対ユーロで160円86銭まで円が値を戻してい る。

米国株の上昇を受け、28日の東京株式市場は小高く始まったが、日経平均 株価は前日比58円高まで上げた後、伸び悩み、午前10時前にはマイナス圏に 沈んでいる。

ベージュブック、米中古住宅販売に注目

一方、この日は米国で地区連銀景況報告(ベージュブック)が公表される。 これは12月11日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)での議論の素地と なるため、サブプライム問題や米国経済の状況についてどのような報告がなさ れるかが注目される。

また、経済指標では10月の中古住宅販売や耐久財受注が発表され、予想を 下回る結果となれば、米景気の悪化懸念が一段と強まりそうだ。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが27日発表した11月の米消費 者信頼感指数は87.3と、ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値

91.0を下回った。燃料価格の高騰と住宅価格の低下が響き、2005年10月のハ リケーン「カトリーナ」襲来後以来の最低水準となった。また、07年第3四半 期(7―9月)の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シ ラー住宅価格指数は前年同期比で4.5%低下し、1988年の同指数算出開始以来 で最大の低下率となった。

UBS銀の牟田氏は、「米国の金利先安観は根強く、ベージュブックが景気 の先行き懸念に軸足を置いた内容となれば、利下げ観測が補強され、ドル売り 圧力につながるとの警戒感が残る」と指摘する。

金利先物市場動向によると、12月11日のFOMC会合でフェデラルファン ド(FF)金利誘導目標が0.25ポイント引き下げられる確率は98%と、26日 の88%から上昇した。

ユーロ・ドルは予想外の上昇となったドイツのIfo企業景況感指数など 強めの経済指標を追い風に海外時間に一時、1ユーロ=1.49ドル台までユーロ 買い・ドル売りが進んだが、その後はドルが反発し、28日の東京市場午前の取 引では1.48ドル台前半でもみ合う展開が続いている。

--共同取材 吉川淳子 Editor:Masaru Aoki, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hirokokomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE