アジアの商品関連株が下落、原油と金属相場安で-BHPが安い

27日のアジア株式市場で、商品関連株が下 落している。オーストラリアの鉱山会社BHPビリトンと、英豪系同業リオ・テ ィントが安い。原油と金属相場の下落を受け、業績の伸びが減速するとの懸念が 強まった。

一方、半導体製造装置メーカーの東京エレクトロンなどハイテク銘柄が買わ れている。JPモルガン・チェースが半導体最大手インテルの利益予想を上方修 正したことが好感された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時11分現在、前日比ほぼ変わ らずの157.99。日経平均の前場終値は0.3%安の1万5179円45銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE