野村グループ:足利銀の買収で3000億円を提示-地銀連合と競合へ(2)

野村ホールディングスが傘下の投資会社 を通じ、一時国有化中の足利銀行の受け皿候補として約3000億円の買収額を政 府に提示していることが28日分かった。企業再建に関する投資では実績を持つ 野村だが、今回の案件は銀行再生という初めての分野であり、投資額も過去最 大規模の大型案件と位置づけられている。

複数の関係者によると、野村プリンシパル・ファイナンスが提示したのは、 政府保有株の買い取り代金と、買収後に実施する資本増強の合計額。横浜銀行 や千葉銀行などで構成する地銀連合と受け皿候補として最終選考で競っている。 金融庁は実際に公的負担を極小化できるかを重点に審査を進め、年内にも受け 皿を決定する見通しだ。

モルガン・スタンレー証券の鮫島豊喜アナリストは「地銀の再生を野村が きちんとできるかの試金石になる」と受け止めている。また、「キャピタルゲ インを得られるかどうかは別の問題であり、地元企業への貢献を強く求められ ていることから、その地域へのコミットメント・コストがかなり高くなる可能 性がある」と述べ、投資案件としての難しさについて言及した。

野村広報部の藤原道頼氏、足利銀行広報室の青木利夫氏はいずれもコメン トを拒否した。

28日付の日本経済新聞朝刊は、野村グループが買収額として地銀連合が示 した3100億円を下回る2900億円を提示したと伝えた。

足利銀行が26日発表した2007年9月中間決算(連結)によれば、純利益 は前年同期比20%減の218億円。9月末時点の債務超過額は2835億円で前年 比2割減少した。同行は不良債権処理で債務超過に陥り2003年に国有化された。 現在の従業員は約2000人。

地盤の栃木県では足利銀行が県内預金シェア40%近くを占めている。同県 の1人当たり県民所得は全国7位。県内にはホンダ、日産自動車、キリンビー ル、キヤノンなど主要メーカーの工場や研究開発施設が多数ある。

一時国有化銀行の再建では、これまでに米リップルウッド(現RHJイン ターナショナル)とサーべラスがそれぞれ建て直した新生銀行、あおぞら銀行 が再上場を果たした。第二地銀でも米ローンスターが旧東京相和銀行を買収後、 独自開発の金融商品を多数投入して収益性を高めた上で再上場するなど「銀行 再生」が進んでいる。

--共同取材:平野 和 Editor:Kazu Hirano,Yoshito Okubo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 日向 貴彦 Takahiko Hyuga +81-3-3201-7498 thyuga@bloomberg.net

平野 和 Kazu Hirano +813-3201-3220 khirano1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Philip Lagerkranser +852-2977-6626 lagerkranser@bloomberg.net

種類別ニュース 日本経済 NI JNECO、 NI JEALL 日本銀行 NI BOJ、 JBN13、NI JBOJ 日本市場 NI JMALL 金融市場 JBN91、 NI JMALL 金融庁 NI JFSA 企業ニュース JBN18, NI COS, NI KIGYO 産業別ニュース: JBN17 金融 NI FIN, NI SONOTAK 証券 NI SCR, NI SHOKEN 銀行 NI BNK, NI JBANK, NI 97463, NI GINKO 保険 NI INS, NI HOKEN 地域別ニュース: 日本 NI JAPAN アジア NI ASIA

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE