谷垣氏:次期衆院選、与党3分の2容易でない-早期解散に否定的(2)

自民党の谷垣禎一政調会長は28日昼、都 内で講演し、次の衆院選について、「戦後政治史の中で、めったにないことだ。 解散しても、なかなか3分の2をいただくことは、そうたやすいことではない。 この3分の2の現在の多数は大事にしておく必要がある」と述べ、自民、公明 の連立与党で3分の2以上を確保するのは容易ではないとの見解を示し、福田 康夫首相が早期に衆院解散に踏み切ることに否定的な見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。