OPECのハミリ議長:石油市場は「十分に供給されている」(2)

石油輸出国機構(OPEC)のハミリ議長 は28日、産油国の原油生産量は世界の石油需要を満たすのに十分だと認識を示 した。

ハミリ議長はシンガポールで、「個人的には、石油市場は十分に供給されて いると思う。市場への供給増加が必要になったときは、われわれは喜んでそうし たい」と語った。

ハミリ議長によれば、OPECは2012年までに日量500万バレル増産する ことを目指し1500億ドル(約16兆2700億円)を投資する計画。また500億ド ルを投じ、同年までに製油能力を日量300万バレル増やす予定だという。

同議長は「産油国にとっては、不必要になるかもしれない余剰生産に貴重な 資源を浪費するリスクがある」と指摘。「今後の需要に関するリスクは、消費国 ではエネルギー・環境政策や技術革新によって需要が縮小に向かうとみられるこ とから、下振れ方向だ」と分析した。

またハミリ議長は、OPECでは「次回会議まで、この議題について何も決 まっていない」と述べた。OPECは12月5日にアブダビで閣僚会議を開き、 生産量について協議する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE