欧州債:2年債は3カ月で最大の下げ、利回り3.80%―株高で売り

欧州2年国債相場は過去3カ月で最大の下落 となった。世界的に株式相場が回復したことから国債の需要が減退した。

ABNアムロ・ホールディングのストラテジスト、ジェイソン・シンプソン 氏(ロンドン在勤)は、「株式相場が上昇し、これが欧州債の下押し圧力となっ ている。米国の感謝祭直前に安全投資先として国債に大量の資金が流入したが、 今はそれが流出している」と語る。

ドイツ2年国債の利回りはロンドン時間午後5時10分までに、前日比12ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し、3.80%となった。1日の上げ としては8月22日以降で最大。同国債(2009年9月償還、表面利率4%)の価格 は0.21ポイント下落し100.33。またドイツ10年国債の利回りは8bp上昇し

4.11%。

欧州中央銀行(ECB)が発表した10月のユーロ圏マネーサプライ(通貨供 給量)拡大M3(現金、要求払い預金、定期貯蓄性預金、投資信託の一部)が季 節調整済みで前年同月比12.3%増加した。伸び率は過去約28年で最大となったほ か、ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト35人を対象にまとめた調査中央値 (11.5%増)を上回ったことから、ユーロ圏の利下げ余地が縮小した。

クレディ・スイス・グループの債券ストラテジスト、カーステン・リノウス キー氏(チューリヒ)は、M3について「ECBに利下げ余地を与えるものでは ない。短期債相場上昇の可能性は低い」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE