任天堂:環境意識のスコア、前代未聞のゼロ-環境団体グリーンピース

家庭用ゲーム機「Wii」のメーカー、任 天堂は、世界の大手コンピューター、電子機器メーカーのなかで初めて、環境 団体グリーンピース・インターナショナルが算定する環境意識のスコアがゼロ となった。

グリーンピースは有毒化学物質の使用や再利用(リサイクル)に関する各 社の方針を採点している。任天堂はビニール樹脂や臭素系難燃剤の使用回避方 針の欠如を指摘された。また、使用済みのゲーム機やその他製品の再利用の程 度も低かった。グリーンピースによると、今回初めて調査の対象となった任天 堂は、9つの分野で得点がゼロだった。

「Xbox360」のマイクロソフトは18社のうち16位。有害化学物質の製 品からの排除を2011年以降に計画していることが指摘された。また、再利用に 関する4項目では「悪い」、「部分的に悪い」と評価された。

グリーンピースは26日に、6回目の「ガイド・トゥー・グリーン・エレ クトロニクス(環境に優しい電子製品へのガイド)」を発表した。18社のなかの 1位は携帯電話のソニー・エリクソン・モバイル・コミニケーションズだった。 携帯電話メーカー最大手のフィンランドのノキアは9位と、前回の1位から後 退した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE