【米個別株】シティなど金融株、AIG、ファニーメイ、JDS

28日の主な銘柄は以下の通り。

シティバンク(C US):1.97ドル(6.5%)高の32.29ドル。金融株が 高い。コーン米連邦準備制度理事会(FRB)副議長の発言で追加利下げの思 惑が強まったことが買いを誘った。さらに、著名投資銀行関係者がシティとバ ンク・オブ・アメリカ(BAC US)の合併を提案したと、米紙ウォールストリー ト・ジャーナル紙が報じたことも買い材料となった。

アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG US):3.23ドル (5.9%)高の57.72ドル。ワコビア・キャピタル・マーケッツのアナリスト は保険最大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の株価 が過小評価されていると指摘。事業分割されれば、1株当たり67ドルの価値 があるとの見方を示した。

アナログ・デバイセズ(ADI US):1.01ドル(3.2%)高の32.23ドル。 証券会社カウエンは家庭用ゲーム機向けなどの半導体を製造する米アナログ・ デバイセズの投資判断を「アウトパフォーム」で据え置いた。21日に発表した 2007年8-10月(第4四半期)決算が3四半期連続で減益になったものの、 フリーキャッシュフローの増加を考慮すると、収益見通しは「堅実」で、株価 には割安感があることを理由に挙げている。

ファニーメイ(FNM US):2.90ドル(9.9%)高の32.30ドル。モルガ ン・スタンレーのアナリスト、ポスナー氏は住宅金融大手のファニーメイ(連 邦住宅抵当金庫)の株価が10月の高値から51%下落し、割安感が強まってい ると指摘。株価を「見直す」べきだとのリポートをまとめた。

JDSユニフェーズ(JDSU US):39セント(3%)高の13.55ドル。通 信機器メーカーの米JDSユニフェーズと旧経営陣は2000-01年に投資家を 欺いたとして最高200億ドルの損害賠償で訴えられていた裁判で「シロ」の判 断を受けた。

ニューヨーク・タイムズ(NYT US):12セント(0.7%)安の16.71ド ル。バンク・オブ・アメリカ・セキュリティーズのアナリストは米紙ニューヨ ーク・タイムズの投資判断を「売り」に引き下げた。来年の広告収入が予想よ りも落ち込むとの見通しが理由。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE