渡辺金融相:サブプライム問題「抜本的で迅速な対応を」-日本に教訓

渡辺喜美金融相は27日午前の閣議後会見 で、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題への欧米諸国の対 応について「日本もよく言われたがトゥ・リトル・トゥ・レイトではだめ」と 指摘。バブル経済崩壊後の不良債権処理に苦慮した日本の教訓から、米国政府 などの対応は抜本的で迅速でなければならないとの考えを示した。

渡辺金融相は「日本は何度も危機に見舞われ、相当時間はかかってしまっ たが、危機管理については制度的にもいろいろなノウハウを蓄積してきている」 と述べ、破たん処理や公的資金による資本増強など危機対応策、政府機関によ る不良債権や持ち合い株式の買い取りを挙げ、日本としてできる提案もあると の認識を表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE