渡辺金融相:サブプライム問題「抜本的で迅速な対応を」-日本に教訓

渡辺喜美金融相は27日午前の閣議後会見 で、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題への欧米諸国の対 応について「日本もよく言われたがトゥ・リトル・トゥ・レイトではだめ」と 指摘。バブル経済崩壊後の不良債権処理に苦慮した日本の教訓から、米国政府 などの対応は抜本的で迅速でなければならないとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。