日本株は小幅高公算、円安で輸出関連に買い-半導体関連も堅調(2)

東京株式相場は小幅高の公算。米国金融 セクターの混乱が沈静化するとの見方から外国為替市場では円安傾向が進んで おり、収益先行きに対する過度の警戒が後退する輸出関連株が上昇すると見ら れる。27日の米国で半導体業界に対する収益改善期待が高まったことで、東 京エレクトロンなど半導体関連株も堅調の見込み。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。