11月27日の海外株式・債券・為替市場(2)

(米国市場を更新します)

○米株式:反発。金融最大手のシティグループが75億ドルの出資を受けること になったほか、JPモルガンがコンピューター需要の伸びを理由にインテルの利 益見通しを引き上げるなど、明るい材料が重なった。

株式相場は前日の大幅安で10月の高値から10%安の節目を記録、4年ぶり の調整局面が明確になっていた。27日の市場ではインテルの上昇に導かれ、半導 体株で構成する指数は2週間ぶりの大幅高となった。たばこ大手のアルトリア・ グループも上昇。ゴールドマンはアルトリアの利益が景気に左右されないとして 買いを推奨した。

S&P500種株価指数は前日比21.01ポイント(1.5%)高の1428.23。 ダウ工業株30種平均は同215ドル(1.7%)高の12958.44ドル。ナスダック 総合指数は同39.81ポイント(1.6%)上昇し2580.80で終了。ニューヨーク 証券取引所(NYSE)の騰落比率は5対2。

スタイフェル・ニコラス(ニュージャージー州フローラムパーク、運用資産 500億ドル)の市場ストラテジスト、ケビン・キャロン氏は、「比較的大型の銘 柄や消費者必需品銘柄、医療ケア株、テクノロジー株が有望だ。こうした企業の 利益はある程度の景気悪化を耐えられそうだからだ」と述べた。

前日の市場ではS&P500種とダウ平均が2週間ぶりの大幅安となり、10 月に記録した過去最高値からの値下がり率はいずれも10%を超えた。住宅ローン に関連した損失で銀行が貸し出しを渋り、景気拡大が損なわれるとの懸念から、 S&P500種は一時、年初来でマイナスに転じていた。

シティグループ上昇

年初から47%下げていたシティの株価は上昇。同行はアブダビ投資庁(AD IA)に最大で株式4.9%を売却すると発表。これを好感して同業のJPモルガ ン・チェースにも買いが入った。

デルファイ・マネジメント(ボストン)で16億ドルの資産運用を監督する スコット・ブラック社長は「かなりいい買い物のようだ」と評価。「景気には信 頼感の欠如はみられるものの、リセッション(景気後退)に向かっているとは考 えられない」と付け加えた。

シティの終値は56セント高の30.32ドル。バンク・オブ・アメリカ(BO A)は1.06ドル高の42.94ドル、JPモルガンは1.89ドル上昇して42.35 ドルで終えた。S&P500種の金融株価指数は2.6%上昇し、業種別指数のなか で値上がりトップとなった。前日は4.1%下げていた。

半導体最大手のインテルのけん引で、S&P500種の情報技術(IT)株価 指数は1.5%上昇。インテルは74セント高の25.11ドルで引けた。

JPモルガンのアナリスト、クリストファー・デインリー氏は顧客向けリポ ートで、「PC市場での力強い需要と、インテルのマイクロプロセッサー製品の 競争力が高いこと」を挙げ、インテルの堅調は今後も続くとの見通しを示した。

小売り銘柄

アルトリアは8月以来最大の2.7%上昇。ゴールドマンは米景気減速のなか でもアルトリアは「底堅い成長」が見込めるほか、「2008年2月には自社株買 いを発表する可能性が高い」と指摘した。

S&P500種の業種別では小売り株価指数が1.8%上昇。事務用品小売り最 大手、ステープルズの四半期決算は海外での販売増加に助けられ、アナリストが 予想していたほどの減益とはならなかった。ステープルズの株価は11%急伸した。

消費者信頼感の大幅な落ち込みが発表され、景気の変動に比較的左右されな い医薬品メーカーや公益事業の株価は上昇した。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した11月の米消費者信頼 感指数は87.3と、ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値91.0 を下回った。燃料価格の高騰と住宅価格の低下が響き、2005年10月のハリケー ン「カトリーナ」襲来後以来の最低水準となった。

また2007年第3四半期(7―9月)の米スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同期比で4.5%低下し、1988 年の同指数算出開始以来で最大の低下率となった。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト調査の予想中央値では4.1%の低下が見込まれていた。第 2四半期は3.3%低下した。

S&P500種の業種別で下げたのはエネルギー株価指数のみ。原油先物価格 が1バレル当たり3.28ドル安の94.42ドルで引けたことを嫌気し、同株価指数 は0.5%下落した。

○米国債:2年債が約3年ぶりの大幅安となった。アブダビ投資庁(ADIA) が米シティグループへの75億ドル出資に合意したことから株式相場が上昇し、 比較的安全とされる国債の需要が 落ち込んだ。

シティはサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンに絡んだ損失 で大幅な評価損を明らかにしたが、ADIAによる最大4.9%の出資で資本を 増強できるとの見方が広がった。これを受けて債券は売りを浴びた。2年債利 回りは前日記録した2004年以来での最低水準から上昇した。

FTNファイナンシャルで政府機関債の調査部門責任者を務めるジェーム ズ・ボーゲル氏(テネシー州メンフィス在勤)は、「金融機関に資金が戻りつ つある兆候が見え始めた」と述べた。

キャンター・フィッツジェラルドによると、ニューヨーク時間午後3時20 分現在、2年債利回りは前日比17ベーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイン ト)上げて3.07%。2004年5月以来で最大の上昇だった。前日は一時、2004 年12月以来の低水準となる2.87%をつけていた。2年債価格(表面利率

3.625%、2009年10月償還)は10/32下げて101 1/32となった。

10年債利回りは11bp上昇して3.94%。前日は2004年3月以来の低水準 となる3.79%を記録した。30年債利回りは7bp上昇して4.36%だった。前 日は一時、2005年7月以来の低水準となる4.23%をつけた。

債券利回りと米株の動き

過去2週間、米国債利回りと米国株との動きは92%一致している。2年債利 回りとダウ平均の相関係数は11月13日以来、約0.92と、過去1年間の同0.59 を大幅に上回っている。係数1は完全な相関関係を示す。

米国債オプション価格に基づいて算出するメリルリンチのMOVE指数は前 日に126.9と、2003年10月以来の高水準。今年5月15日には過去最低の51.2 を記録していた。

米フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁は、これ以上政策金利を引き下げ るとインフレリスクが上昇する恐れがあると指摘、シカゴ連銀のエバンズ総裁は 講演原稿で、米金融市場を安定させ、景気拡大を確かなものにするために今のと ころFOMCは十分な利下げを実施したとの見解を示した。

金利先物市場動向によると、12月11日のFOMC会合でフェデラルファン ド(FF)金利誘導目標が0.5ポイント引き下げられる確率は2%と、前日の 12%から低下した。0.25ポイント引き下げられる確率は98%と、前日の88% から上昇した。

金利見通し

米ゴールドマン・サックス・グループは27日、FOMCがFF金利誘導目 標を来年半ばまでに3%に引き下げるとの見通しを示し、従来予想の4%から下 方修正した。

また英銀HSBCホールディングスは、来年1-3月期までに政策金利は 4%に引き下げられるとの予想を明らかにし、従来の据え置きから下方修正した。

3カ月物財務省短期証券(TB)利回りと3カ月物ロンドン銀行間貸出金利 (LIBOR)の利回り差であるTEDスプレッドは5bp縮小して1.90ポイ ント。3カ月物LIBORは5.06%と10営業日連続で上昇した。3カ月物国債 の利回りは6bp上昇して3.17%。

○NY外為:円が主要16通貨に対し下落した。米国のサブプライム (信用力の低い個人向け)住宅ローン関連で最も巨額な損失を出して いる米銀シティグループが26日、アブダビ投資庁(ADIA)から出 資を受けると発表したことを受けて、投資家のキャリートレードが促 進された。

円はドルに対しここ2週間で最大の下げとなった。シティはADI Aから75億ドル(約8100億円)相当の出資を受けると発表。米国株の 上昇につれ、円はニュージーランド(NZ)ドルやオーストラリア・ド ルに対して最も下落した。

テンパス・コンサルティングの資本市場担当バイスプレジデント、 グレッグ・サルバッジオ氏(ワシントン在勤)は、「このニュースは、 米銀各行は資金繰りが可能だということを示し、金融セクターの混乱沈 静化につながった」と述べた。同氏は円が対ドルで年内は1ドル=107 円50銭-110円のレンジで推移すると予想している。

ニューヨーク時間午後4時12分現在、円はドルに対して1ドル=108 円79銭。前日遅くは同107円41銭だった。前日は一時、05年6月以来 の円の高値となる107円23銭を付けた。円は対ユーロでも27日、2 週間ぶりの高値から下落して1ユーロ=161円33銭。前日遅くは同159 円72銭だった。

円はNZドルに対しては1NZドル=82円59銭と、前日の同80円 63銭から下落した。前日は9月12日以来の高値となる同80円32銭を 付ける場面もあった。円は対豪ドルでは前日比2%安の1豪ドル=95 円37銭。

低い変動率

キャリートレードに使用されることの多いもう一つの通貨である スイス・フランは主要16通貨のなかで13通貨に対し下落した。なかで も、スイス・フランはNZドルに対しては1.8%下落、豪ドルに対して は1.4%下げた。

シティグループは発表で、ADIAによる出資が事業拡大や資本増 強に役立つと表明。同行はサブプライム住宅ローンおよび関連証券の損 失で07年10-12月(第4四半期)の純益が50億-70億ドル縮小する 可能性を明らかにしている。

ウエストパック銀行のシニア通貨ストラテジスト、リチャード・フ ラヌロビッチ氏は、「資金の潤沢な多くの国営ファンドが存在すること を忘れがちで、こうしたファンドは価格が安ければ買いを入れたい意向 だ」と指摘した。さらに、「市場参加者は潜在的な救済者が存在すると いう感触を得た」と述べた。

円の1カ月インプライド・ボラティリティーは13.98%と、前日の

15.12%から低下した。

ユーロ売り

ドルは対ユーロでは前日比0.3%上昇。オンライン外為取引会社ゲ イン・キャピタル傘下のフォレックス・ドット・コムの為替チーフスト ラテジスト、ブライアン・ドラン氏は、ユーロが対ドルで1ユーロ=

1.49ドルを維持できなかったことからトレーダーはユーロ売りに転じた と指摘した。

マニュファクチャラーズ&トレーダーズ・トラスト(ニューヨーク 州バッファロー、運用資産500億ドル)のチーフ通貨トレーダー、ブラ イアン・テーラー氏は「市場参加者はユーロ売りを出して、他の通貨に 乗り換えている」と指摘。その上で、「現時点ではユーロは過大評価さ れている」と述べた。

ユーロは対ブラジル・レアルでは前日比0.9%安、対メキシコ・ペ ソでは同0.7%下落した。

ドイツのIfo経済研究所が27日発表した11月の企業景況感指数 (2000年=100)は104.2と、前月から予想外の上昇となった。国内企 業が原油高騰とユーロ高に対応していることを示す数字となった。前月 は103.9だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト41 人の調査中央値では103.3への低下が見込まれていた。

○英国債:英2年国債相場は下落。ほぼ1カ月ぶりの大幅安だった。アブダビ投 資庁(ADIA)が米シティグループに75億ドル(約8100億円)出資するこ とに合意したことを受けて、投資家の高リスク資産に対するリスク許容度が上昇 するとの観測が広がった。

2年債利回りはロンドン時間午後4時50分現在、前日比8ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し4.43%だった。一時は11月1日以来で 最大となる9bp上昇する場面もあった。同国債(2009年12月償還、表面利率

5.75%)価格は0.08ポイント下げて102.58。10年債利回りは3bp上げて

4.58%。

○欧州債:2年国債相場は下落。11月のドイツIfo景況感指数が予想外の上昇 となったことを受け、同国経済は市場の混乱を乗り切っており、利下げの必要は ないとの見方が広がった。

11月のドイツとフランス両国の企業景況感指数はいずれも予想に反して改 善。独Ifo景況感指数は104.2と、前月の103.9を上回り、フランスの企業 景況感指数も110と、前月の108から上昇した。またドイツ連邦統計庁(FS O)がこの日発表した11月の同国インフレ率は欧州連合(EU)基準で3.3% に上昇し、1996年1月の集計開始来の高水準となった。エネルギーと食品の価 格上昇が響いた。

レゾルーション・インベストメント・マネジメントのファンドマネジャー、 スチュアート・トムソン氏(グラスゴー在勤)は、「製造業は強いユーロに十 分対応できている。米国からの悪影響は現在、経済というよりはむしろ金融市 場に広がっている」と指摘した。

ドイツ2年国債の利回りはロンドン時間午後4時40分までに、前日比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し、3.68%となった。同国債 (2009年9月償還、表面利率4%)の価格は0.09ポイント下落し100.53。ま たドイツ10年国債の利回りは2bp上昇し4.03%だった。

--*ニューヨーク・ニューズルーム   (1)(212) 893-3007

種類別ニュース: 為替 NI FRX 、 NI JFRX、 NI FX NI KAWASE 経済 NI ECO 、 NI JNECO 、 NI JEALL 中央銀行 NI CEN 、 NI JCEN EMU(欧州経済通貨同盟) NI EMU 英国債 NI GLT 債券 NI BON 国債 NI GBN   欧州国債 NI EUB マネーマーケット NI MMK 英国経済 NI UKECO 米国債 NI USB 米国株 NI USS 株式 NI STK 米国預託証券(ADR) NI ADR ミューチュアル・ファンド NI FND 欧州国債 NI EUB 独債券 NI BND 仏債券 NI OAT 英国債 NI GLT 伊国債 NI BTP スペイン国債 NI SMB ベルギー国債 NI BBB オランダ国債 NI NAB 金融市場 NI JMALL 海外市況 NI TOPJF トップニュース NI TOP、 NI TOPJ 海外トップニュース NI TOPKAIGAI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE