三洋電:電池や環境で脱「総合電機」-新中計3年で営業益を倍増(5)

経営再建中の三洋電機は27日の9月中間 決算発表に併せ、2009年3月期から3年間のマスタープラン(中期経営戦略) を公表した。世界トップシェアを持ち、携帯電話やパソコンなどへの需要拡大 が期待できるリチウムイオン電池などへの注力で収益力を強化。今期500億円 の見込みの連結営業利益を11年3月期には900億円、可能なら1000億円に引 き上げる、との内容が骨子だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。