アステラス:米ベンチャー買収、最大582億円支払い-抗体研究で(2)

製薬国内2位のアステラス製薬は、がん抗体医 薬専門の米バイオベンチャー企業アジェンシス(カリフォルニア州)を買収する。全 株式取得と製品化成功に伴う支払いを含めて最大で5億3700万ドル(約582億円)を 既存株主に支払う。アジェンシスを通じて経営目標として強化を掲げている自社抗体 医薬研究体制を充実させるのが狙い。

東証で27日発表した資料によると、アステラスは米国子会社を通じてアジェンシ ス全株を3億8700万ドル(アジェンシス保有の現金3000万ドルを含む)で取得する。 さらにアジェンシス株主は、4項目にわたる製品化過程をアジェンシスが達成するご とに現金(マイルストーン払い)を受け取る。マイルストーン払いは最大で1億5000 万ドル。買収手続きは12月中の完了を予定している。

アステラスは中期経営計画で、抗体医薬分野にも取り組む方針を打ち出した。ア ジェンシス買収により、完全ヒト型抗体作製技術を取得できるなどとしている。3月 にリジェネロン社のヒトモノクローナル抗体開発技術を取り入れ、10月にはバイオ創 薬研究所も新設した。

この案件でアステラスは、財務アドバイザー(FA)にモントゴメリー、法務ア ドバイザーにモリソン・アンド・フォースターを起用した。

アステラス製薬の株価終値は、前日比80円(1.6%)安の4860円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE