額賀財務相:仏中銀総裁とサブプライムの影響や市場動向で意見交換

額賀福志郎財務相は27日、欧州中央銀行 (ECB)の政策委員会メンバーであるノワイエ仏中銀総裁と都内で会談し、米 国のサブプライム(信用力の低い個人向けローン)問題が世界経済に及ぼす影響 や市場動向について意見交換した。会談に同席した財務省幹部が明らかにした。

双方は為替についても取り上げ、席上額賀財務相は、強いドル政策が望まし いという認識を日本は米国と共有していると述べた。人民元相場に関しては、同 財務相が、中国経済は力強く国際収支黒字が増えているので、「もう少し弾力性 を持ったほうが良い」との認識を示した。

同幹部によると、会談ではユーロ相場について特段言及はなかったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE