米JPモルガン、最高リスク管理責任者にザブロー氏を起用

米銀3位JPモルガン・チェースは26日、 最高リスク管理責任者(CRO)にバリー・ザブロー氏を起用したと発表した。 CRO職は、前任のドン・ウィルソン氏が退任した約1年前から空席だった。

ザブロー氏(54)は、投資管理会社ITBからJPモルガン入りし、ジェ イミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)の直属となる。ザブロー氏は、ゴ ールドマン・サックス・グループ時代に同僚だったニュージャージー州のコー ザイン知事のアドバイザーを務めている。

ウォール街の金融機関によるサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅 ローン関連証券への投資は、信用市場の混乱を受けて価値が急落している。ダ イモンCEOは発表資料で、「CROの機能は当行にとって重要な役割を担っ ている」との見解を示した。

JPモルガンの株価は26日、前週末比1.49ドル(3.6%)安の40.46 ドルで終了。年初来下落率は16%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE