三洋電:営業益3年で倍増し1000億円視野に、電池など強化-中計(2)

経営再建中の三洋電機は27日、9月中間 決算発表に併せ、2009年3月期から3年間のマスタープラン(中期経営戦略) を発表した。携帯電話やパソコンなど向けに需要拡大が期待できるリチウムイ オン電池などへの注力により、収益力を強化、今期500億円の見込みの連結営 業利益を11年3月期には900億円、可能なら1000億円以上に引き上げること などが骨子。

売上高目標は2兆2500億円(今期見込みは2兆2300億円)。事業別の売 上高目標は、電子部品、半導体などエレクトロニクス部門が1兆2000億円 (今期見込み比25%増)、充電池や太陽電池などエネルギー部門が6000億円 (同50%増)、家電など環境部門が6000億円(同10%増)となっている。

大阪市内で記者会見した佐野精一郎社長は、計画達成後には「世界的なエ クセレントカンパニーを目指す」と語った。3年間での設備投資は3500億円 を予定。うち1000億円はリチウムイオンなどの充電池、太陽電池に800億円 を充てる。三洋の設備投資は今期までの3年間で約2500億円と、経営不振を 背景にその前の3年間から600億円抑制していた。

エネルギー事業のうち、充電池の11年3月期売上高は今期見込み比20% 増が目標。事業強化の一例として、ハイブリッド電気自動車(HEV)向けの リチウムイオン電池について15年度に世界シェア40-45%を目指す。

太陽電池は、11年3月期の生産能力を現状の2.5倍に拡大、売上高は2.1 倍にする方針。売却交渉が決裂していた半導体については、同事業を手掛ける 子会社に200億円程度の出資を行って体質を強化。11年3月期の売上高は5% 増を目指す。

三洋電の株価は発表を受けて一時前日比16円(9.0%)高の193円まで上 昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE