アジアの債券保有リスクが低下-米シティのエクイティユニット売却で

クレジット・デフォルトスワップ(CD S)取引は27日、米銀最大手シティグループがエクイティユニット売却で合 意したと発表した後、アジア太平洋地域の債権の保有リスクの低下を示す動き となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。