チェイニー米副大統領、不整脈の検査と治療終えて退院-報道官

チェイニー米副大統領は26日夜、ジョー ジワシントン大学病院での不整脈の検査と治療を終えた後、公邸に戻った。ミ ッチェル副大統領報道官が同日明らかにした。

ミッチェル報道官によると、チェイニー副大統領(66)は午後5時からの 外来治療を受けた後、公邸に戻っており、「27日はホワイトハウスで通常のス ケジュールに戻る」という。

同副大統領は、心臓発作をこれまで4回起こしている。ミッチェル報道官 によると、副大統領は「風邪による咳が長引いていたため」実施した検査で、 「心臓上部に不整脈」が発見された。副大統領の症状は心房細動と呼ばれるも ので、電気的刺激を与える標準的治療が施されたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE