アジアの債券保有リスク、上昇-サブプライム懸念による米株安に反応

クレジット・デフォルトスワップ(CD S)取引は27日、日本を除くアジアの債権の保有リスクが高まったことを示し た。米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連の損失が今後も拡 大するとの懸念を背景にした米株安が影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。