日経平均は一時100円超高の場面、アブダビ政府が米シティに資本参加

午後の東京株式相場は上昇に転じ、日経平 均株価は一時100円以上する場面があった。午前の取引終了後、米銀最大手シテ ィグループが75億ドル(約8100億円)相当のエクイティユニットをアブダビ投 資庁(ADIA)に売却することで合意したと発表。午前を320円安で終えた日 経平均株価は午後の取引開始直後から下げ幅を急速に縮小し、プラスに転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。