日経平均は一時100円超高の場面、アブダビ政府が米シティに資本参加

午後の東京株式相場は上昇に転じ、日経平 均株価は一時100円以上する場面があった。午前の取引終了後、米銀最大手シテ ィグループが75億ドル(約8100億円)相当のエクイティユニットをアブダビ投 資庁(ADIA)に売却することで合意したと発表。午前を320円安で終えた日 経平均株価は午後の取引開始直後から下げ幅を急速に縮小し、プラスに転じた。

東海東京調査センターの隅谷俊夫投資調査部長は、「米シティの財務体質に 市場で不安が出ている中、オイルマネーの出資はプラス材料になる」と指摘。ま た、米サブプライム住宅ローン問題の解決のために、シティなど米銀は支援基金 作りに動いているものの、「問題が大きいだけに、中東からのニューマネーが間 接的に協力することは評価できる」(同氏)との認識を示した。

米シティの発表を受け、これまでマイナスだったシカゴ24時間電子取引シ ステム(GLOBEX)のS&P500種株価指数先物が基準価格比で10ポイン ト以上上昇。日本時間今夜の米国株式相場の反発期待が高まる中、それを受けた あす以降の日本株上昇を見込んだ先回り的な動きが活発化した。

また、1ドル=107円台半ばで推移していたドル・円相場は、一連の動きに 歩調を合わせて一気に1ドル=108円台後半までドル買い戻し・円売りが進行、 円高修正の動きも日本株の押し上げ要因となっている。

松下電器産業や日立製作所などの電機株、トヨタ自動車やデンソーなどの輸 送用機器株、三菱UFJフィナンシャル・グループやみずほフィナンシャルグル ープなどの銀行株もプラスに転じた。東証業種別33指数は23業種が上昇してい る。

午後1時5分現在の日経平均株価は、前日比118円73銭(0.8%)高の1万 5253円94銭。TOPIXは同11.78ポイント(0.8%)高の1478.81。東証1部 の売買高は概算で12億8387万株。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE